原油価格再びマイナスの可能性は?

原油価格再びマイナスの可能性は?

今回は「原油価格マイナスの可能性は?」という内容をお送りします。

WTI原油先物6月物の取引最終日は5月19日(火)です。

再びマイナスになる可能性があるとすれば、取引終了前の5月18日から20日の日本時間の朝までですが、既にマーケットは5月物の大混乱を経験していることから、マイナスにまで暴落する可能性は低そうです。

とはいえ、投機筋が再び仕掛けてくる可能性もあるので、20日にかけての原油相場には注目をしましょう。

大きな変動なく5月19日のハードルを超えると、原油はさらに安定して取引が行われ、近く30ドルを回復する局面もありそうです。

しかし、ウイルスだけでなく、米中の対立が世界経済の大きな問題になりつつあり、これらが原油価格の重しになる展開が続きそうです。

↓原油関連のオススメ動画はこちら↓
【原油ETFの仕組みとリスク!】

#WTI原油価格 #原油ETF #見通し

原油取引カテゴリの最新記事