[UPDATED & REMASTERED] アメリカ不動産投資の基礎 – 投資先としてのアメリカ不動産

[UPDATED & REMASTERED] アメリカ不動産投資の基礎 – 投資先としてのアメリカ不動産

アメリカ不動産投資の基礎について、
①よりわかりやすく
②よりテンポよく
③よりコンパクトに
④視聴者の皆様へのプレゼントを明確に
を目的に、初回動画に加筆・修正の上、リマスター版をUPしました!
新しい「投資先としてのアメリカ不動産」マスター動画、ぜひ最後までご覧下さい!

Gene Onozuka (ジーン・オノヅカ)
不動産投資家/コーチ @San Diego, CA, U.S.A.🇺🇸
アメリカ在住20年×不動産投資経験10年×外資系勤務経験25年
アメリカ不動産投資を通して、あなたの資産構成を、今後の
不透明な世界に対応出来る強固なものにするお手伝いを致します。
提供プログラムに関するお問い合わせは以下(どちらからでもOK)から。
メッセージ頂いた方に、オリジナル資料と無料初回相談をプレゼント。

E-mail: onozuka.capital@gmail.com
Mobile: +1-858-663-9696 (WhatsApp, iMessage)
Facebook: https://www.facebook.com/onozukacapital
Skype ID: gene_sd_ca
Twitter: @onozukacapital
Instagram: onozuka.capital

***不動産投資ポートフォリオ***
– アパート2件(16戸、44戸)(ミズーリ州)
– Family Dollar 1店舗(ミシガン州)
– PPMによるシェア所有4件(ミズーリ州オフィスコンプレックス、ミズーリ州80戸アパート、ノースカロライナ州277戸学生寮、テキサス州30戸アパート)
– REIT (Rich Uncles)

商業不動産アカデミー「RE Mentor」のDIAMOND Mastery Program修了 (https://rementor.com)
世界的実業家Marshall Sylver(https://sylver.com)のInner Circle Mastermind Summitの唯一の日本人メンバー
ENGLISH CAMP認定英語講師 (https://www.englishcamp.jp)

主宰者のあいさつ

はじめまして。ジーン・オノヅカです。

私も最初は日本の普通のサラリーマンでした。
大学を出て最初の会社は日本の電機メーカー。

アメリカ担当営業部署に配属され、アメリカ駐在を夢見てがむしゃらに
働きましたが、長時間残業当たり前で、しかもバブルも崩壊。

さらに全く希望しなかった人事異動で他の部署に異動。
やる気もガックリ落ちました。

このままでは収入も伸びず、会社に長時間拘束され、上司や組織からの
理不尽な命令に従うしかない「社畜」に成り下がる危険を感じ、異動から
1年後に初めての外資系に転職しました。アメリカ系通信会社でした。

転職して、収入、労働時間の面では改善したけど、アメリカ行きは中々叶い
ませんでした。英語を頑張って、さらに転職を重ね(全て外資系)、5社目にしてようやく念願のアメリカ赴任(会社からビザサポート)を実現させることが
出来ました。

憧れのアメリカで一生懸命働いていましたが、アメリカから日本をサポートする仕事だったので、1日15~16時間働く(日中はオフィスで、夜は自宅から電話
会議)という過酷な生活。仕事上の接待・会食も多く、時間の自由がありませんでした。

リーマン・ショックや3.11でこれまでの世界や常識が変わっていくのを感じる中、出会ったのがロバート・キヨサキさん著「金持ち父さん・貧乏父さん」。
「お金に働かせる」不労所得での生活に強く惹かれました。

それまでの貯金を一気に吐き出して、コンドミニアム1戸を購入。
以来、数年にわたって少しずつ買い増しして、3戸まで購入しました。
運用益は出せていましたが、それだけで生活するには不十分で、でもそれ以上の買い増しも出来ず、足踏み状態でした。

何とか次のステージに行きたい!と思い、2017年、商業不動産アカデミー
「RE Mentor」の最上位のプログラム「DIAMOND Mastery Program」に加入しました。隔週のメンターとのコーチングプログラムを2年間受け、物件の選び方、損益試算の仕方、ブローカーや売主との交渉の仕方、管理会社の選び方や
使い方など、成功する不動産投資・運用のためのノウハウを徹底的に仕込まれました。

その成果を生かすべく、2018年、当時所有していた3戸のコンドミニアムを1戸ずつ売却し、それぞれの売却金を元手に、アパート2件(16戸、44戸、どちらもミズーリ州)と、ドルショップ(アメリカ版100均ショップ)を購入しました。

コンドミニアムの売却に当たって得られたキャピタルゲインは、1031 Exchangeという手続きを通して課税繰延。売却益をそのまま次の物件の購入資金に充てることが出来ました。

さらに、RE Mentorでの活動を通して親しくなった、同じ志を持つ不動産投資家達が組織したPPM(私募債)案件に投資(現在4プロジェクト)。

REIT(不動産投資信託)、プライベート・マネー・ローンにも投資することが出来ました。

現在はこれら不動産関連投資からの家賃・配当で生活しています。
「お金の自由」「時間の自由」「場所の自由」を得て、投資家仲間達と幅広く
交流、そしてそこから新たな投資案件を見つけたり、作ったり、という好循環を
実現。サラリーマンの頃は十分に持てなかったプライベートの時間や家族との時間を楽しんでいます。

私が1000万円以上の金額と数年をかけて習得したアメリカ不動産投資に関するノウハウを、日本語でお届けします。

#アメリカ不動産投資 #資産形成 #不労所得 #アフターコロナ #資産価値 #コロナ後 #人口減少 #アメリカ #不動産 #年金2000万円問題 #資産寿命 #米国不動産 #米国不動産投資 #不動産投資 #完全不労所得 #資産防衛 #コロナに勝つ

不動産投資カテゴリの最新記事