FXテキスト動画【豪ドル/円】「くすぶる利下げ観測、RBA総裁講演と豪雇用統計」G.comデイリーレポート 2020/10/14

  • 2020.10.14
  • FX
FXテキスト動画【豪ドル/円】「くすぶる利下げ観測、RBA総裁講演と豪雇用統計」G.comデイリーレポート 2020/10/14

FX投資の初心者でも大丈夫!FXの魅力や特徴をお伝えします!
https://www.gaitame.com/beginner/

FX情報がすべて集まるWebサイト【マネ育チャンネル】
https://media.gaitame.com/

【豪ドル/円】
基調
下値警戒

目先の注目材料
・10/15 ロウRBA総裁講演、豪9月雇用統計
・主要国株価、国際商品価格  
  
「くすぶる利下げ観測、RBA総裁講演と豪雇用統計」
豪ドル/円相場は、中国による豪州産の石炭輸入停止や、コロナ治療薬の治験中断報道などの悪材料を消化しても、100日移動平均線(75.40円台)のサポートで下げ渋っている。ただ、明日15日に予定されているロウ豪中銀(RBA)総裁の講演や豪9月雇用統計を受けて11月の追加緩和に対する思惑が高まる可能性があるため、下値警戒モードを維持しておく必要がありそうだ。

ロウRBA総裁の講演は「きわめて不均一な景気後退からの回復」とのタイトルで行われる。市場には11月3日の理事会でRBAが利下げに動くとの観測がくすぶっており、ロウ総裁の発言に注目が集まっている。また、豪9月雇用統計の市場予想は、失業率が7.0%(前回6.8%)、新規雇用者数は前月比4.00万人減と、悪化が見込まれている。

これらを受けて追加緩和観測が高まれば、豪ドル/円は、サポートを割り込む公算が大きい。20日移動平均線が100日移動平均線を下抜ける「ミニ・デッドクロス」を示現するなど、チャート・フェースが悪化しているのは昨日指摘した通りだ。100日移動平均線のサポートを割り込めば、10月安値の74.92円前後を試す動きとなろう。明朝のロウRBA総裁の講演と豪9月雇用統計を経て、サポートを維持できるかどうかが目先の豪ドル/円相場のカギとなりそうだ。
——————-

「外為どっとコム」
https://www.gaitame.com/

「外為どっとコム Twitter」

——————-

●免責事項
本サイトに掲載する情報には充分に注意を払っていますが、その内容について保証するものではありません。また本サービスは、投資判断の参考となる情報の提供を目的としたものであって、投資勧誘を目的として提供するものではありません。投資方針や時期選択等の最終決定はご自身で判断されますようお願いいたします。なお、本サービスの閲覧によって生じたいかなる損害につきましても、当社は一切の責任を負いかねますことをご了承ください。

#fx
#為替
#AUDJPY

FXカテゴリの最新記事